共感から好意へ

上質な出会い上質な出会いから、あなたに合ったプランで、一年以内の成婚を! 恵比寿の結婚相談所、婚チェルトの代表カウンセラー丸山みつ子です。

初対面で、話しやすい人、なかなか声をかけにくい人はいませんか。

やっと話しかけたけれど、なんとなく話しが弾むことなく終わってしまうこともありますね。

カウンセリングには、「共感する」という方法があります。

相手の話しを聞く時には、相手に対する感情によって、話しの理解度が大きく変わると言われています。

例えば、話しをした際に、話し手に好意的な気持ちをもつ聞き手から、共感を得るのは、容易ですが、反対に反感的な気持ちをもつ聞き手には、なかなか理解してもらうことが難しいといわれています。

そこで、話しを始める前に、相手にどう思われているかを考えてみましょう。好意的なのか、反感的なのか、どちらでもないのかを察してみてください。

もし、初対面でしたら、例えば、お天気の話しから始めることで、お互いに共感しやすいかもしれません。
そして、相手が興味のありそうな話題にふれたり、面白いニュースを話してみましょう。

相手が好意的に話しを聞く状況をつくることで、それからの話しもスムーズに聞いてもらえるでしょう。

それから、相手に配慮した優しい一言で、まず良い関係をつくりましょう。きっと、相手が話しを聞いてくれる準備ができると思います。

婚活では、先ず
また、会いたいと思われることが大切です。

重要なのは、話しの内容ではなくて、話す時の表情と雰囲気です。
楽しくなる話題や美味しいお店の話しをして、次回に繋げることです。

勇気を出して、婚活を始めてみませんか。

PageTop