多様な結婚観に

上質な出会いから、あなたに合ったプランで、一年以内の成婚を!
恵比寿の結婚相談所、婚チェルトの代表カウンセラー、丸山みつ子です。

厚生労働白書から、18歳から34歳の未婚者の結婚に対する考え方をお伝えします。

「いずれ結婚するつもり」と答えた未婚者に対してのアンケート結果です。

①「ある程度の年齢ま でに結婚するつもり」を選択した人は、結婚することをより重視している。

②「理想の結婚相手が見つかるまでは結婚しなくてもかまわ ない」を選択した人はより結婚の内容にこだわると考えられる。

バブル世代が 30 歳前後だった頃には、結婚の内容によりこだわる人の割合の方が多くなっています。

しかし、2000 年代に入ると傾向が反転し、 結婚すること自体を重視する人の割合が増加傾向にあると伝えています。

男女の希望する結婚年齢の変化をみると、 未婚者が結婚したいと思う年齢は、男女ともに上昇して います。

18~34 歳の未婚者の平均希望結婚年齢は男性で 30.4 歳、女性で 28.4 歳となって おり、ここ 30 年で男性は 2 歳、女性は 3 歳上昇しています。

年々、結婚適齢期は薄れている傾向にあるそうです。
多くの未婚者の方が結婚を望んでいます。そして、結婚の内容より、結婚することを重視していて、多様な結婚への価値観が反映されてきていると思います。

婚チェルトでは、国内最大級の会員58000人から、条件の合うお相手を探すことができます。

これから、婚活を始めたいけれど、一歩が踏み出せない方は、是非、婚チェルトの無料相談にお申し込みをしてくださいね。

きっと、あなたに合った婚活方法が見つかりますよ。